第五回山の自然セミナーが、2016年3月5日(土)~3月6日(日) 、 山岳スポーツセンター及び表丹沢山域で開催され、第一日目のレクチャーに40名、第二日目のエキスカーション(二ノ塔山腹)に15名が参加した。

 

このセミナーには第一日目のみの参加者を加え、岡本会長はじめ連盟会員の34名、埼玉岳連から5名、千葉岳連から1名に加え、一般参加3名が参加した。

第一日目、神奈川県自然環境保全センターから永田幸志氏を招き「シカ問題と丹沢の自然再生」と題したれレクを1時間余拝聴した、

2016seminar1
永田幸志氏のレクチャーを熱心に聴く参加者

第二目、二ノ塔山腹の植樹苗木の保育実習を行い、15名が参加した。厳しい冬季の風雪に倒れた足り吹き飛んだ防獣ネットを立て直すなどし、萌芽の季節を控え膨らんだ蕾にシカの食圧に耐えて育てとの願いを込めた。

2016seminar3
平成27年度の植樹地を背後に参加メンバー
(画像提供:川崎市山協 布田さん)

 

 

0
0
0
s2smodern
powered by social2s